私の一週間と交遊録

2019.07.17 Wednesday 19:00
私の一週間と交遊録
 
7月8日(月)

午前中デスクワーク。

正午から帝国ホテルで、
SBIホールディングス20周年パーティに参加。
SBIホールディングスの投資銀行部門の常務、
時政さんとは長いお付き合い。
有望のベンチャー企業の情報交換、
相互協力の関係があり、会場入り口で
ごあいさつした。
冒頭の北尾社長のスピーチが終わったところで退出
当社は未上場のベンチャーの
若手起業家の支援に注力している。
なのでSBIだけでなく、
大和証券、みずほ証券や投資ファンドなどと
協業のチャンスがあれば
必要に応じて連絡を取り合っている。
ただ今発売中の私の最新刊「最後の10倍株を買いなさい!
の中に、日本の未来を拓く12人の起業家を紹介している。
この12社の他にも有望ベンチャー企業が
多数出てきているので、順次紹介していきたい。

午後、夕食会を前にスタートアップの
アートテクノロジーの社長居松篤彦氏
ジャパンベストレスチューシステム社長の榊原さんからご紹介いただいた。
アートテクノロジーは現代アートの新人作家の絵をレンタルしたり、
オフィスデザインなども手掛けて、
快適な空間を提供しようとしている。
その後サファイア倶楽部、夕食会。
ゲストにドイツ人の著名エコノミスト、
イェスパー・コール氏を迎えて、
最近の世界と日本、特にアメリカと日本の景気動向や株価、
マーケットの現状分析、予測を許してもらった。
イェスパー氏は日本語に堪能、数字にも強く
大変良い勉強会となった。
ゲストにサイトビジットというベンチャー企業の若手起業家、
鬼頭政人さんも出席。
会員の皆さんに有望ベンチャー企業として紹介させていただいた。
サイトビジットは、司法試験や公認会計士試験などの
資格試験取得をめざす人々が会員となって伸びている。

7月9日(火)

正午にオリガミで、
ジャパンベストレスキューシステムの榊原社長、
最近上場のトビラシステムズ(4441)社長の明田篤さん
とランチミーティング。
私はこの会社の事業モデルに注目していた。
8月早々、ラジオ日経の私の番組
「菅下清廣のマーケットワールド」に出演して
いただくことになった。
その後は、今週末開催予定で、長年続いている当社主催の投資研究会
「スガシタクラブ」の資料づくりに専念。
月に一度のスガシタクラブ開催の週は、
目いっぱい情報を集めて、毎回ベストの内容の資料作成を
心掛けている。

夜は午後7時から国内独立系投資ファンドの
最大手のひとつ、
ポラリスキャピタルグループ社長の木村雄治氏
銀座のすえむねで会食。
ポラリスキャピタルグループは、今や約1500億円を
運用するトップクラスの投資会社。
このポラリスと当社が協力して
サファイアキャピタルという、
成長企業、ベンチャー企業に投資する新会社を設立。
社長に元ロードスターキャピタルのCFOだった
山田泰生さんをスカウトして、
6月末にめでたく新ファンドが組成されスタートした。

7月10日(水)

今日、明日はスガシタクラブの資料づくり。

毎回20銘柄以上のチャートを選んで株価の波動、
サイクルを解説、予想している。
今回は最終的に23銘柄になったが、
すくなくとも100銘柄以上のチャートをチェック。
各銘柄にそれぞれABCDとアルファベットの符号をつけて、
解説。ABは今上昇中、熱い銘柄、Cは直近高値をつけて
ひと休み中、Dは安値圏、底値圏というように分類して
会員の皆さんに分かりやすく、今この銘柄が
サイクルから見てどんな位置にあるか?を解説
また、株価が上がる場合のサイン、下がる場合のサインを解説、
予想しています。
日頃から色々な株価のチャートを見たり、
情報を集めていますが、今週はそれを
結集して資料作成に取り掛かっている。
たとえ勉強会に出席者が1人、2人でも絶対に
手抜きはしない。
毎回万全の準備をしている。
11時30分から昼食時間帯を利用して
中国語と英語のレッスン。
中国人起業家の梁さんから、
大学で中国語を教えていて
英語も堪能という先生をご紹介いただいたので、
とりあえず、月2回教えてもらうことにした。
世界3大投資家のひとり、
シンガポール在住のジム・ロジャーズ氏は、
早くに”中国の時代”という本を出して、
中国が世界の覇者になるという大予測をしている。
今まさにその通りの展開となっている。
習近平政権は、「中国2025製造」という政策を打ち出して、
2025年にはAI(人工知能)など新しいハイテク技術の分野で
中国が米国を追い抜いて、
デジタル社会を支配しようとしている。
それに反発、警戒したトランプ大統領が中国のハイテク先端企業ハーウェイの排除、
対中国への米国の技術輸出の禁止、制限などによって圧力を加え始めている。
中国の影響力、特にアジア地域での影響力は強まることはあっても、
弱まることはないだろう。
10億人以上の巨大な人口、マーケットを持つ中国相手のビジネスチャンスは
広がる一方と予想される。
特に、今後日中関係は改善する。
なぜなら、米中関係の対立は長引くので、その分中国は、日本に
友好関係を築こうとするはずだ。
どちらにしても、上海、深圳、中国の主要各都市から、
アリババ、テンセントなどの将来の有望ベンチャー企業が
続々登場しつつある。
ジム・ロジャーズが言うように、
中国語は英語の次に必要な言語となりそうだ。
なので私も少しずつでも習うことにした。
出来ればもう少しレッスン時間を増やしたい。
中国語を英語で習っている。
例えば、ニーハオはHello, how are you?という感じである。
中国の共産主義体制には、賛成しないが、
香港、台湾なども含めた中華圏には限りないビジネスチャンスがある。

夜は、徳間書店で、私の新刊本を「最後の10倍株を買いなさい!」を
担当していただいている力石幸一さんらと銀座のすえむねで会食。
次回は、年末年始に新企画で出版をご相談したいと思っている。
力石さんからは毎回、タイムリーなテーマをいただいていて、
良い本を出せている。
今回も売れ行きは好調らしい。

7月11日(木)

今日、午前中から、
一日スガシタクラブの資料作成。

夜は、東京ベイコンチネンタルホテルに隣接する
おしゃれなレストラン「ツキシュールラメール」で
シャンソン歌手松城ゆきのさんのディナーショーに出席。
あいにく雨でしたが、東京湾に面する大きなガラス張りの窓から
夜景がきれい。
料理もおいしく、松城さんの歌声も素晴らしかった。
特に”ラストダンスは私に”が最高。
なんと8月2日開催予定の当社の「サマーナイトジャズパーティ」にも
参加してくださることになった。
このディナーショーをきっかけに
松城さんのファンクラブも発足。
今後ますますのご活躍が楽しみだ。

7月12日(金)

正午にオリガミでジャパンベストレスキューシステムの榊原さん、
有望ベンチャー企業アルゴリズム社長の勝俣篤志さん
ランチミーティング。
勝俣さんは、私の最新刊の中の日本の未来を拓く12人の起業家の一人だ。
榊原さんや私の他に有力経営者たちが、
アルゴリズムを応援している。
勝俣さんは現役の東大生。
成功して、フェイスブックのザッカーバーグのような起業家になって欲しい。


終り



有料メルマガ 「経済の千里眼 菅下清廣の“波動から見る未来予測”」
https://www.mag2.com/m/0001681404.html
▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp
posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

私の一週間と交遊録

2019.07.08 Monday 20:00
私の一週間と交遊録

7月1日(月)

正午にオークキャピタル株式会社の会長竹井博康氏
ランチミーティング。
オークキャピタルは独立系の投資会社。
最近中小証券を買収して、
社名をスターリング証券とあらため、中小型成長株、
新興企業のIRやファイナンスに注力してゆく方針。
今年後半には個人投資家向け、
機関投資家向けのIRセミナーを大々的に行う予定で、
竹井会長から協力を求められたので、
応援させていただくつもりです。

午後に先般、
有望ベンチャー企業のTALK NOTEの創業者、
小池温男さんの結婚式で同じテーブルになった、
ロッキングホース株式会社の森部好樹社長らとミーティング。
ロッキングホースは中小企業の営業支援で伸びている会社。
当社は優良ベンチャー企業支援に注力しているので、
接点がありそうです。
今後協業できるかどうか検討することになった。

夜は午後18時半から、
オークファン(3674M)の社長武永修一さん
銀座のすえむねで会食。
武永さんは、京大在学中に企業。
まさに学生起業家のパイオニア的存在。
武永さんが当社主催の有望起業家の集い、
サファイア倶楽部のメンバーになられたのをお祝いしての夕食会。
また武永さんとは元々月に1度の定例会を開いている、
キャピタル投資倶楽部で毎回ベンチャー企業への出資で
情報交換を続けている。
いわばビジネスパートナーのひとりだ。
このキャピタル投資倶楽部では、
ベクトル(6058東1)社長の西江肇司さんを中心に
良いメンバーがそろっている。

7月2日(火)

午前中デスクワーク。

正午にホテルニューオータニの中華料理店大観苑で
サファイア倶楽部昼食会。
自民党の平井卓也IT科学担当大臣
ゲストにお招きした。
平井大臣は就任後、平井ピッチというベンチャー起業家と
面談する会合をスタート。
すでに多くの起業家にプレゼンのチャンスを与えて、
優良ベンチャー企業を政府が応援してゆくというシステムを構築。
なのですべての日本起業家にとって
平井大臣にできるだけ長く就任していただきたいという思いだ。
選挙戦がスタートして超ご多忙の中、サファイア倶楽部へのご出席、
誠にありがとうございました。
この場を借りて平井先生に厚く御礼申し上げます。

午後2時にAMBITION(3300M)社長の清水剛さん
ミーティング。
米国投資銀行CANTORのケビンボーガン氏らを紹介。
前回もお話ししましたが、
AMBITIONは業績好調なのに、
株価は下落、安値圏で低迷しています。
今後海外投資家に積極的にIR、宣伝して、
AMBITIONの株を買ってもらおうという狙いだ。

その後は
UBS銀行プライベートバンキング部門の坂上泰亮さんと面談。

夜は極東証券の菊池会長のご招待で
銀座のステーキ店「ひらやま」で会食。

7月3日(水)

午前中、オリガミで
ジャパンベストレスキューシステム(2453東1)社長の榊原暢宏さん
とミーティング。
その後軽いランチをご一緒した。
榊原さんは資金もなく社員ゼロからスタートして
東証1部企業まで登りつめた。
いわば起業家の草わけ。
今は私と同様、有望ベンチャー企業支援に力を入れている。
とくにシード企業を見つけて、育てる才能が素晴らしい。
今回現代アートの新人作家の絵をレンタルするベンチャー企業を
立ち上げて応援している。
私も協力するつもりだ。

午後は明日のスガシタボイスの収録に備えて
注目情報の徴集、資料作成に専念。

夜は午後7時半から、
麻布台のピザ屋、ナポリスタカ
スイスの起業家HORYOU(ホーユー)のヨナタン氏と夕食。
HORYOUは、ヨーロッパを中心に世界の知識人、
エスタブリッシュメントのSNSを運営する会社。
独自の仮想通貨、HORYOU TOKUNを発行している。
2~3年先に上場を目指しているらしいが果して実現するか。

7月4日(木)

今日は月に2回、
全国の会員の皆様に配信しているスガシタボイスの収録日。
注目情報や日経平均株価、NYダウ、ナスダック指数、
S&P500、円ドル相場、WTI原油、NY金相場、上海総合指数など
世界の主要なマーケットの動きを入念にチェック、
株、金利、国債、商品、為替相場などの最新チャートに目を通す。
また日頃から交遊のある著名アナリスト、エコノミスト、投資家などに
直接電話して情報を集める作業をこの一週間続けている。

午後スガシタボイス収録。

その後、夕刻午後7時から銀座の鉄板焼き「いしざき」
OKウェブ社長の松田元さんと会食。
松田さんも元々は学生起業家、また投資家でもある。
とくに仮想通貨には強く、
その筋では爛咼奪肇灰ぅ鵐ング″のニックネームを持つ。
その松田さんと先般対談したが、
その時もビットコインには強気の予想だった。
年末には200~300万円をつけるという見通しは
今も変わらないという。

7月5日(金)

午前中、デスクワーク。

午後は来週7月13日土曜日のスガシタクラブ(投資研究会)に
備えて資料準備。

午後18時から、スガシタボイスエグゼクティブ会員向けの夕食会。
ゲストに三菱UFJモルガンスタンレー証券の
著名エコノミスト嶋中雄二さん
お迎えして開催。
14名の会員の方々に参加していただいて、
勉強会はおおいに盛り上がった。
日本と米国の景気はいつまで続くか?
日米の株価の天井はいつ頃が有力か?
円ドル相場の見通しは?中国、EUの景気は?
など、まさに誰もが聞きたい、知りたい内容を、
嶋中さんにずばり解説、予測していただいた。
どちらにしても今後米国EUの金融緩和が進みそうで、
世界経済は2020〜2021年にむかってバブル化するリスクが
浮上しているのではないか?
しかし、バブル経済、膨張の時代は必ず株価や地価が上昇する。
今のトランプ米国ファースト相場がいつまで続くのか?
株式投資をするうえで、大事なきめ手となる。
夕食会に参加された、スガシタボイスエグゼクティブ会員の皆様に、
良い勉強会となったのではないでしょうか。

終り


有料メルマガ 「経済の千里眼 菅下清廣の“波動から見る未来予測”」
https://www.mag2.com/m/0001681404.html
▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp


posted by: sugashita , category[-] , -

私の一週間と交遊録

2019.07.01 Monday 19:00
私の一週間と交遊録
 
6月24日(月)

午前中デスクワーク。

午後2時半からAMBITION(3300M)社長の
清水剛さんとミーティング。
AMBITIONは業績絶好調だが、
なぜか株価は安値圏で低迷している。
海外投資家の紹介など、
IR,PRでお手伝いしてゆくつもりだ。

午後4時から、
虎の門のラジオ日経で、
ソシエテ・ジェネラル証券の社長、島本幸治さん
対談収録。
「菅下清廣の有望企業を探せ!」は
今回でめでたく終了。
約30社の成長企業の若手経営者に登場していただいた。
その締めくくりとして、
長年交遊がある、島本さんと内外マーケットの分析、
予測を話し合った。

その後夕刻、
ザ・キャピトルホテル東急で自民党の山本幸三先生のパーティに出席。
山本先生は宏池会に所属されているので、
派閥の代表岸田政調会長がまずごあいさつ。
その他多くの議員が応援に駆けつけて、
アベノミクスの発起人、山本先生をお祝いした。
中でも派閥ナンバーツーの元防衛大臣、元文科省大臣の林芳正先生や、
現、IT科学担当大臣の平井卓也先生たちとは
長年のおつきあいがある。
果して、ポスト安倍は宏池会から出るか?
岸田政調会長は本命のひとりだが、なぜか、今ひとつ勢いがない。

6月25日(火)

午前中に、現在連載中の雑誌“財界”の取材、インタビュー。

午後は近畿大学東京センターオフィスでの
資産運用委員会に出席。

6月26日(水)

午前中、デスクワーク。

午後、ベンチャー企業のアイアンドシークルーズの社長上村一行さん
ミーティング。
近況報告をしていただいた。

その後、
同じくベンチャー企業の日本商業不動産保証の社長、
豊岡順也さんとミーティング。
早ければ2021年にも上場をめざす。

夜は第2回、ワンワン春秋会。
ベネッセ特別顧問の星久人さんと私で
戌年の経営者の会を立ち上げて、
その第2回目の夕食会をアークヒルズクラブで開催。
ANA社長の平子裕志さん、松屋社長の秋田正紀さん
野村アセットマネジメント会長の尾崎哲さん、そして
私の長年の友人の大正製薬の大平明さん
元西武百貨店社長、
参議院などを歴任されたインスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア社長の水野誠一さん
など7名が参加。
あとおひとり、双日株式会社の社長藤本昌義さんは、
海外出張中で残念ながら欠席となった。
次回は9〜10月頃開催を皆様とご相談するつもりだ。

6月27日(木)

午前中、デスクワーク。

正午に育藝会という若手アーティストを応援する会の
代表古屋善範さんとオリガミでランチミーティング。
古屋さんは銀座松屋の創業ファミリーのご出身。
芸術、食(グルメ)に造詣が深い。
またその人脈の広さはサプライズです。
先般、古屋さんのご紹介で元総理の細川護熙氏の奥湯河原の工房でのお花見の会に
参加させていただいた。
またこの10月末には、松本白鸚(前、松本幸四郎)の
“ラマンチャの男”の最終回、打ち上げを帝国劇場で観劇させていただく予定だ。

午後にベンチャー企業の“Spinno”の社長松原秀樹さんとミーティング。
近況をお話しいただいた。

6月28日(金)

午前中、
資料作成。

午後は、顧問先企業の社長との勉強会。
内外マーケット分析、予測、国内政治、経済動向、
国際情勢などぶ厚い資料を準備して解説。
その後は某企業社長と銀座の割烹料理“すえむね”で会食。
夜の外は雨、梅雨入りだが、週明けの株式市場の天候は
よくなりそうだ。
G20での米中首脳会談での対中国への高関税は見送られた。
米中ともに、あゆみ寄って話し合おうという結果に、
日米の株式市場は良い反応を示すだろう。
7月1日のNYダウは新高値をつけるかもしれない。
また、週明けには、いよいよ選挙が始まる。
過去のアベノミクス相場では選挙スタート頃から株価は上昇している。
果して、今回はどうだろうか?
年金2000万円不足の問題は選挙結果に影響が出るか?
また、選挙の後には消費税増税が待っている。
それでも与党自民党は選挙に勝利するだろうか?
7月24日の投開票日に自民党与党勝利なら、
とりあえず株価は上昇するだろう。

政治も株価も暑い夏をむかえるか!?



終り

有料メルマガ 「経済の千里眼 菅下清廣の“波動から見る未来予測”」
https://www.mag2.com/m/0001681404.html
▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp


posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

私の一週間と交遊録

2019.06.24 Monday 19:00
私の一週間と交遊録


6月17日(月)

午前中デスクワーク。

午後ベンチャー企業の“カメラブ” 創業者の高坂勲さんとミーティング。
“カメラブ”はカメラのレンタルと写真展のプラットフォームづくりを
めざして立ち上がったばかり。
写真サイトのインスタグラムとうまくマッチングできれば
将来楽しみな出資先です。

午後3時からラジオ日経でピアラ(7044 M)の
社長飛鳥貴雄さんと対談収録。
ピアラはEコマースの販売促進で伸びている。
成果報酬型の支援、コンサルが強み。
業績見通しは良いが株価が安値圏。
もうひとつ知名度が足りないのか、PR、IRを強化して、
ブランドイメージを上げる必要がある。

6月18日(火)

午前中デスクワーク。

正午からオリガミで
ベネフィット・ワン(2412 東1)の社長白石徳生さん
定例のランチミーティング。
ベネフィット・ワンは私が長年注目している成長企業。
ここ数年ずっと株価と業績が右肩上がりで上昇している。

その後オリガミで同じくベンチャー企業の
“ウフル”の創業者園田崇さんとミーティング。
ウフルは近々ロンドン市場に上場する計画が進んでいる。
そして来年東証マザーズ市場への上場をめざしている。

6月19日(水)

午前中デスクワーク。

正午にホテルニューオータニの中華料理店、大観苑で
国内最大手の投資会社のひとつ、
ポラリス・キャピタル・グループの木村雄治社長
定例のランチミーティング。

午後は虎ノ門のラジオ日経のスタジオで
農業総合研究所(3541 M)の
創業者及川 智正さんと対談収録。
及川さんのプロフィールはユニークだ。
東京農大を卒業して、
「日本の農業を改革しなくては?」という使命感から、
和歌山県で農業を経験して、その後青果業など現場でも働いて、
農家、生産者とスーパーなど売り場を
直結するシステムを開発、実現している。
フレッシュな野菜、果物などが良い値ごろで
早く消費者に届くようになっている。
おそらく農業総合研究所の産地直結システムは生産者にも消費者にも
今後ますます歓迎されて、売り上げ、利益は伸びてゆくだろう。

6月20日(木)

今日は朝一番から、
午後のスガシタボイス収録のための情報、
資料の最終的なチェックを入念にやった。
本日収録のスガシタボイスでは、
今後の日米の株価の行方を左右する情報を解説。
G20における米中首脳会談、また6月24日予定の
ワシントンでのペンス副大統領の対中国批判の演説、

6月18日のFOMC、
米国中央銀行の金融政策などを紹介、解説、予想した。
米中対立の不安やペンス副大統領の
中国に対する人権問題などの強硬な演説によって、
6月末は、日米の株価とも波乱の展開が予想される。
しかし、株価の波動やトランプ大統領の支持率の高さなどから見て、
NYダウは近々10月の高値を抜いて、上昇するだろうと予想しました。
また仮想通貨市場に関しては、
フェイスブックが2020年6月からスタートすると宣言している
Libra(リブラ)という新しい暗号資産に注目して解説した。
リブラの登場によって、現在の仮想通貨市場、
ビットコインの価格は強い影響を受けるだろう。
ビットコインはついに底値圏を脱出して
半値戻しの135万円近辺までは、
とりあえず戻るのではないかと見ている。
久方ぶりに世界のホットマネー(投機的な資金)が
仮想通貨市場に流入しはじめているのではないかと予想しています。

6月21日(金)

午前中社内ミーティング。

その後11時20分発ののぞみ331号で新大阪へ。
まずインターコンチネンタルホテル大阪にチェックインして、
午後の近畿大学での恒例の“起業家育成シンポジウム”に備える。
毎年私がモデレータ―となって
4〜5名の有力起業家に参加してもらっている。
今年は女性起業家、テーブルクロスの城宝薫さん
GRITの岡田祥吾さん、エムグラムの松村有祐さん
そして昨年に引き続いて、
オーケウェイヴ(3808 名証セントレックス)の
松田元さんたちに参加してもらった。

午後4時45分から
東大阪の近畿大学の真新しいキャンパスの多目的ホールに
多数の学生さんたちが集合。
4人のベンチャー起業家に創業のきっかけや資金調達、
創業後の失敗談などをお話しいただいた。
最後に学生さんたちからの質問を受けたが終了時間になっても、
何人もの手が上がっていた。
近畿大学は大学側が起業家育成にとくに力を入れている。
おそらく将来、近畿大学出身の起業家が続々輩出するに違いない。
キャンパス内のライブラリー、カフェ、レストラン、自習室など
まるで高級ホテルのようなおしゃれなデザインで、
学生たちは恵まれている。

講義終了後、
大学側のご招待で心斎橋に近い「北むら」というお店で
極上のステーキをご馳走になった。
若い起業家同志の懇親会ともなり、
この近畿大学の起業家育成シンポジウムのおかげで、
有望ベンチャー起業家のネットワークが年々広がっている。
近畿大学のシンポジウムご担当の方々、
お世話になった職員の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。
会場の外まで質問や話しかけてくださった学生の皆さんの
今後のご活躍を楽しみにしています。


終り

有料メルマガ 「経済の千里眼 菅下清廣の“波動から見る未来予測”」
https://www.mag2.com/m/0001681404.html
▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp

posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

私の一週間と交遊録

2019.06.18 Tuesday 19:00
私の一週間と交遊録 

6月10日(月)

今週は来月徳間書店から発売の新刊本の締切に追われる。
ゲラの最終的なチェック、掲載するチャート、資料に
間違いがないか何度も点検。

本の題名は
「最後の10倍株を買いなさい!」(徳間書店)
7月1日全国一斉発売の予定です。

現在発売中の
「2021年まで待ちなさい!」(実務教育出版)
も売れ行き好調、増刷となりましたが、
この二冊の本の私からのメッセージは

「日本版GAFA株を狙え!」
です。

つまりこれから株式投資で資産を増やすためには
GAFAのような人間の知恵やアイデアで
大きな富を生み業績を伸ばしている
成長企業に投資すれば良い。

「2021年まで待ちなさい!」では
巻末に21銘柄を紹介しています。
また、「最後の10倍株を買いなさい!」では
22社の上場企業と日本の未来を拓く
12人のベンチャー起業家のプロフィールを
顔写真付きで掲載しています。
おそらく多くの読者、個人投資家の方々は
こんな企業があったのかと
驚かれるのではないかと思います。

日本にもようやく
若手の有望起業家が多数輩出し始めているのです。
是非お読みください。

夜は午後6時から
品川プリンスホテルで東映の岡田 裕介会長
アップフロントの山 直樹会長
古希を祝う会に出席。

広い会場に多数の政財界人、
誰もが知っている人気歌手、
芸能人がお祝いに駆け付けた。
大盛況だった。

6月11日(火)

午前中にポッドキャストの収録。
正午にホテルニューオータニで
自民党の重鎮、逢沢 一郎先生
政経セミナーに出席。

午後
連載中の雑誌財界のインインタビュー取材。

午後5時過ぎに
東京プリンスホテルで自民党の
選挙対策委員会長で安倍総理の
側近中の側近といわれている
甘利 明先生を囲む会に出席。
甘利先生の約1時間の講演内容は大いに参考になった。

その後宴会場に移って懇親会。
経済産業省の元幹部の乾杯の音頭で唱和して会場を出た。

その後7時過ぎに某ベンチャー起業家の
東麻布のレストランでの
バースデーパーティーに参加。
長い一日が終わった。
6月12日(水)

午前10時から
有望ベンチャー企業
サイトビジットの鬼頭 政人社長とミーティング。

午後
独立系投資会社最大手のひとつ
ポラリスキャピタルグループの
木村 雄治社長とミーティング。
某企業に対する友好的M&Aの案件を話し合った。

夜は午後7時から銀座の割烹料理店、すえむねで
オークファンの武永 修一社長
Plan・Do・Seeの野田 豊加社長らと会食。


6月13日(木)

正午から定例のキャピタル投資倶楽部。
ザ・キャピトルホテル東京の
レストランオリガミに、今回は久しぶりに
フルメンバーが集った。
ベクトルの西江さん
オークファンの武永さん
エボラブルアジアの吉村さん
など数名が揃った。

夜は午後7時から
自民党のIT・科学技術担当大臣の平井 卓也先生
大臣ご就任のお祝いをかねての夕食会。

元文科省、防衛大臣をつとめられた林 芳正先生
元国土交通副大臣を歴任された、金子 恭之先生
などと久しぶりに盛り上がった。


6月14日(金)

正午
もともとシンガポール在住で
主に内外の不動産事業でご活躍の
Y女史とオリガミでランチミーティング。

Y女史は
もともと富裕なファミリー出身で
その人脈はグローバル。

なんとこの後
ロンドンに飛んで英国のチャールズ皇太子主催の
ディナーパーティに出席するという。

今は拠点を東京に戻して幅広い活動を展開している。
今のロサンゼルス市長(次の次の大統領候補らしい)とも親しく
アドバイザーを務めているという。

私は毎年夏、8月に
当社の出資先の有望ベンチャー起業家と
日頃から親しくしている経営者の友人たちを
サマーナイト・ジャズパーティーに招待している。

昨年は天王洲のTYハーバーという大人気のレストラン
(オーナーの寺田倉庫の寺田保信前会長は長年の友人)
の一画にある船上レストラン。
リバーラウンジを貸切で約100名近くの方々をご招待した。
「今年も開催するつもりですので、いらっしゃって下さい」
とお話ししたところ、
画廊を経営されている妹さんと
参加できればということになった。

夜は午後6時30分から
新宿の実務教育出版で講演。
先日、日経新聞に私の最新刊
「2021年まで待ちなさい!」
の広告が大きく出た時に、刊行記念の講演を発表。
抽選で80名限定の枠に選ばれた方々が
東京、神奈川、千葉、さいたまなど関東圏からは勿論のこと、
遠く、仙台、福島県、石川県、新潟県、
名古屋、兵庫、広島
などからご来場いただいた。

熱心な読者の方々にこの場を借りて熱く御礼申し上げます。
当日の講演は
「2019〜2021相場の波動チャートからみる株式相場の読み方」
でした。
はじめに波動とは?
相場の価格の波動と時間の波動を解説し、
相場の天井と、底に現われる
典型的な型を絵入りで説明し、
株価の攻防の分岐点の読み方をも、絵入りで説明した。

そして2013年から始まった、
アベノミクス相場が戦後6回目の大相場、
株価の大きな上昇の波が到来していることを説明した。
1950年代の戦後の株式市場がはじまったところから
今回の上昇相場の出発点である、
2009年3月のリーマンショックを織り込んだ
底値7054円までを描いた超長期波動の
日経平均株価チャートをご紹介した。そして、
この先日本の株価はどこに向かってゆくのか
という予測をした。

その後
日経平均株価、NYダウ、円ドル相場の
短期サイクルと長期サイクルを解説、予測した。

そして6月1日の当社主催の講演会で解説、予測した、
26銘柄とビットコインのチャートをご紹介し、
最後に今注目すべき情報、読むべき本をご紹介した。

注目すべき情報での、私からのキーワードは
今はトランプ大統領が世界を動かしている。
また世界の株価の行方を左右している。

なので、
トランプ研究が一番大事だと
参考本を4冊紹介した。

もう一つのキーワードは
IPO(新規上場)銘柄に注目。
GAFAと呼ばれる新しく登場してきたニューハイテク株だ。
デジタル産業革命の波に乗って
急成長している銘柄に投資すれば
大きな富を得るチャンスがある。

アマゾンの株価はわずか10年余りの間に
60倍になっている。
日本のIPO銘柄、中・小型成長株の中から
日本版GAFA株が現れるであろうと予測しました。

最後に質疑応答の時間を用意しましたが、
終了時間になっても多数の方々の手が上がっていました。
本当にありがとうございました。

この講演会(60分)は
後日有料配信する予定です。
ご興味のある方は是非お申込み下さい。
詳細はスガシタレポートオンラインから
ホームページなどからご案内いたします。


終り

有料メルマガ 「経済の千里眼 菅下清廣の“波動から見る未来予測”」
https://www.mag2.com/m/0001681404.html

▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp


posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

| 全191ページ中 1ページ目 | >>

このページの先頭へ