【おすすめの1冊】世界の未来〜ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本(エマニュエル・トッド)

2018.06.18 Monday 06:00

『世界の未来
〜ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本』

エマニュエル・トッド ほか
朝日新聞出版

私が未来予測で参考にしているフランスの歴史人口学者エマニュエル・トッド氏の新刊です。

本書は数名の識者が寄稿している新書で読みやすくまとまっています。

エマニュエル氏は第1章「私たちはどこへ行くのか」という題で近代の民主主義の在り方について述べています。また人口学者として中国の人口動態の危機も警鐘を鳴らしています。

それ以外にも第2章の「ポピュリズムと21世紀の民主主義」も参考になる内容です。ポピリュリズム色の強い政治が何をもたらすのか?日本も無関係な話ではなく、ぜひご一読いただきたい内容です。

[Amazon] http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4022737522/sugashitanome-22/


▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[オススメの本] , -

米国証券会社CANTORの設立記念レセプションに出席

2018.06.14 Thursday 06:00
5月7日月曜日

昼、ソフトバンクの新規事業担当の
ジョニー・ユーさんと「オリガミ」で
ランチミーティング。


5月8日火曜日

正午、ニュース証券の西川敏明会長と
「ORIGAMI」でランチミーティング。

午後はラジオ日経で番組収録。
ゲストはTKP(3479マザーズ)河野貴輝社長。


5月9日水曜日

昼、パレスホテル東京で行われた
米国証券会社CANTORの
設立記念レセプションに出席。


5月10日木曜日

この日は月2回配信している
「スガシタボイス」の収録。

最新のマーケットの解説と予測、
直近に注目した投資に役立つ情報を
会員の皆さまに向けてお話しした。

http://sugashita.jp/voice

夜は、ホテルニューオータニで
長年続いている勉強会「フォーラム21」。


5月11日金曜日

正午、有志の経営者が集まって
キャピタル投資研究会を開催。

午後はラジオ日経に移動して
この春始まった新番組の収録。
ゲストはベクトル(6086マザーズ)西江肇司社長。

夜は、銀座の「銀圓亭」で
ソフトバンクのジョニー・ユーさんたちと夕食会。



▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

日本プロトコール&マナーズ協会の上月マリア理事長ら幹部の方々とランチミーティング

2018.06.11 Monday 06:00
4月23日月曜日

正午、Jテックの星川さんと
ランチミーティング。

午後4時、雑誌『財界』の取材。

夜は銀座の「銀圓亭」で
寺田倉庫の寺田保信会長と夕食会。


4月24日火曜日

夜、南青山のイタリアンレストラン
「トラットリア ナプレ」で、
スイスのベンチャー企業Horyouの
創業者・ヨナタンさんと夕食会。


4月25日水曜日

午後「スガシタボイス」収録。
http://sugashita.jp/voice


4月26日木曜日

昼、ポラリス・キャピタル・グループの
木村雄治社長とランチミーティング。

夕方からは、雅藝倶楽部主催の
自民党・山本幸三先生の講演会を拝聴。


5月1日火曜日

昼、日本プロトコール&マナーズ協会の
理事長の上月マリアさんと、
理事の稲葉和男さんとランチミーティング。
場所は丸の内の「家全七福酒家」

午後3時からサイバードHDの
元社長・堀主知ロバートさんと
弊社オフィスでミーティング。


5月2日水曜日

午後1時から
ベストワンドットコム(6577マザーズ)の
澤田秀太社長とキャピトル東急ホテル内
「オリガミ」でミーティング。



▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

TATERU・古木大咲社長とブロックチェーンの活用などのテーマで対談

2018.06.07 Thursday 06:00
4月16日月曜日

正午、「オリガミ」で
ワークスアプリケーションズの
牧野正幸社長と定例のランチミーティング。

夜は大和証券が主宰する
大和IPO経営トップの交流会に出席。


4月17日火曜日

午後、TATERU(1435東証一部)の
古木大咲社長との対談を収録。

TATERUのビジネスモデルの優位点や
今後のブロックチェーン技術の活用、
日本やアジアの不動産事情について
たっぷりお話しいただいた。

この特別な対談音声は
「スガシタボイス」の会員限定で
特典として配信した。
http://sugashita.jp/voice


4月18日水曜日

正午、某銀行の頭取が主宰する
金融とマスコミの勉強会に出席。


4月19日木曜日

この日は週末に行なわれる
投資研究会「スガシタクラブ」の準備に集中。


4月20日金曜日

午前は日本PCサービス(6025セントレックス)
家喜信行社長と幹部の方々とミーティング。


4月21日土曜日

正午、ホテルニューオータニで
投資研究会「スガシタクラブ」を開催。

個人投資家の方々と一緒に
個別銘柄や日経平均・NYダウなど
チャートを見ながら学んだ。


▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[交遊録・交友録] , -

知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」

2018.05.31 Thursday 16:35


サラリーマン不遇の時代がやって来る!

金融緩和によって世界各国でお金がだぶつき、そんな状況が局地発生的に集中する現象が起きていること、それがときにはバブル的様相を呈していることは、明白な事実です。

しかし、この波にうまく乗ってお金持ちになるには「お金の教養」が必要。「お金の教養」の差が、富める者と貧しき者の差を生んでいるのです。

日本でも、間違いなく「格差」は広がっています。さらにシビアな現実は、中流階級から富裕層に移動する人の数よりも、貧困層に行く人の数のほうがはるかに多いということです。

そして、その「貧困層に移る人たち」のほとんどは、給料をコツコツ貯めているサラリーマンです。サラリーマン不遇の時代が、やってこようとしています。

ITによるオートメーション化、AIやロボット技術の発達、人生100年時代……今、ほとんどの働き手にとって、今のポジションが安泰とは程遠いのは、逃れようのない事実です。会社勤めで月々の収入を得ていれば大丈夫、などと悠長なことを考えていたら、年金にも頼れそうにない世代をはじめ、あわや貧困層に滑り落ちてしまいかねません。

「投資はリスクがあるから怖い」という人がいますが、この時代に「働いてお金を得る」という発想だけで生きることのほうがよほどリスクであろうと私は思います。格差の拡大に対抗する、攻めの姿勢が不可欠です。

株式投資はそれを予防しうる、もっとも有効な手立てです。月々の収入に加えて、少しずつでも投資でお金を得る。これが、これからの時代に欠かせない自衛策です。最終的な目標は、年収と同額の金融資産。年収500万なら500万円ぶんの株をもつことを目指しましょう。

動乱の時代には、機敏に動ける投資をするべき。その点、株は最適です。危ないと判断すれば、いつでも売れます。少額で始められて、徐々に慣れていくことができるという点で、初心者向きともいえます。5万〜10万円程度からスタートし、様子がつかめたら徐々に増やしていく、という入り方をおすすめします。この本を是非読んでください。

▼アマゾンで注文する
https://amzn.to/2LMz9Ez


無料メルマガはこちら
http://sugashita.jp


JUGEMテーマ:株・投資



posted by: sugashita , category[オススメの本] , -

| 全178ページ中 1ページ目 | >>

このページの先頭へ