<< アイランドスケープ・永木武社長とミーティングなど | main | 世耕弘成経済産業大臣を囲んで昼食会 >>

2週間後に迫る米大統領選、大統領交代で株価はどう動く?

2016.10.25 Tuesday 12:04
こんにちは。
菅下清廣です。

最新の動画が公開されましたのでお知らせいたします。



そして、いよいよアメリカの大統領選挙が2週間後に迫ってきています。

ここまで来ると、市場は開票まで様子見の様相が強くなります。そして、それだけパワーが溜まっていることになりますので、選挙の直前・直後に相場がどちらかの方向に傾くという可能性もあります。

ですから、今後のマーケットで投資で成功するには、アメリカと日本が直面している状況だったり、新大統領の考え方を把握する必要があります。そうしたご要望も受けて、選挙の4日後にザ・ペニンシュラ東京でセミナーを開催します。

特別ゲストに、元三菱UFJモルガン・スタンレー証券の著名アナリストであり、現在は世界で5番目のETFファンドを運用している「WISDOM TREE」の日本代表を務めておられるイェスパー・コールさんをお迎えします。

Q:新大統領の為替政策はどうか?

Q:外国人投資家は日本株を買い戻すか?

Q:これからも日本は有力な投資先なのか?

Q:中国及びBRICSのマーケットはまだ有望なのか?


皆さんのこんな疑問に答えつつ、今後の株価のゆくえについて予測したいと思います。
ご興味がある方は下記のリンクより詳細をご確認ください。

▼11/12(土)講演会の詳細はこちら(音声配信あり)
http://sugashita.jp/seminar/20161112/


JUGEMテーマ:株・投資



posted by: sugashita , category[マーケット展望] , -