<< トランプ大統領就任100日後に日米株式市場に大きな転換期がやってくる | main | 著名ストラテジストの島本幸治さん(ソシエテ・ジェネラル証券)と対談を行ないました >>

【おすすめの1冊】『THE TRUMP 傷ついたアメリカ、最強の切り札』(ドナルド・J・トランプ)

2017.01.26 Thursday 15:46
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE TRUMP [ ドナルド・J.トランプ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/26時点)


 



『THE TRUMP 傷ついたアメリカ、最強の切り札』

ドナルド・J・トランプ
ワニブックス

先週大統領に就任したトランプ大統領は早速、TPPの脱退に署名するなど公約を迅速に進める態勢にあります。

おそらく個人投資家の皆さんや投資家でなくとも、彼が今後どのような政策を打ち出すのか気になるかと思います。彼の行動を分析する新聞や雑誌もありますが、彼の行動は彼自身に聞くのが一番正確です。

そこで今回ご紹介したいのは昨夏に出版された、彼自身の言葉をまとめた書籍です。改めて今この本を読むと、彼がやろうとしていることが見えてくるかと思います。少しだけ章の見出しを紹介すると……

第8章「経済こそが大事なのだ、愚か者め」
第12章「米国のインフラはボロボロだ」

というように経済政策についても書かれています。どうしてもマスメディアは彼の言動を断片的に切り取ってしまい、私たちにとって重要な彼の政策についてはあまり伝わってきません。ですから、こういった彼自身の言葉で書かれた本を一度読むことをおすすめします。

彼はこの書籍の中でこれまでの米国の政治家や支配層は「有言不実行だ」と批判しています。それに反発するかのように彼は就任してから驚くようなスピードで公約に掲げていた政策に署名をしています。これを実行に移せるかを見守っていく必要はありますが、今後も彼が有言実行を貫くなら今回の本に書かれている中身は未来予測の大きなヒントになることは間違いありません。

▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp


JUGEMテーマ:株・投資



posted by: sugashita , category[オススメの本] , -