<< ビットコインマーケットに精通するカリスマFXトレーダー・福寄儀寛さんと特別対談 | main | ダブルエル保手濱社長から有望ベンチャー・カウリスの島津敦好社長をご紹介頂く >>

【おすすめの1冊】本当は世界がうらやむ最強の日本経済(イェスパー・コール)

2017.06.01 Thursday 06:00

 



『本当は世界がうらやむ最強の日本経済
 〜データで読む好都合な近未来』


イェスパー・コール
プレジデント社

第1章:実は全然衰退していない日本経済
第2章:実は急上昇している日本企業の底力
第3章:実は絶対に破綻しない日本国債と金融
第4章:実はトランプ勝利で活性化する日本
第5章:少子化、五輪、AI…実は好都合な近未来

古くからの付き合いがあるイェスパー・コールさんがひさしぶりに出された最新書籍です。イェスパーさんとは5/20(土)にホテルニューオータニで一緒に講演会を行ないました。

イェスパーさんには昨年の11月、アメリカ大統領選の4日後にも弊社講演会のゲストとして登場して頂きましたが、トランプ政権が日本経済にもたらす好影響について解説されていました。またその際、未来予測のひとつとして「アジアに進出している企業に注目だ」という話がありました。その講演会で実際に紹介された銘柄のひとつでコマツ(6301東証一部)という企業がありますが、講演会当初2,200円前後だった株価は現在3,000円近くまで上昇しています。

そして、今回の最新刊をお読みするとイェスパーさんが新しいテーマに注目されていることがわかります。それは第5章に書かれている「AIからEIへの転換」というお話でした。この発想は、かつて堺屋太一さんが著書などに書かれていた“知価革命”と通ずる話で、非常に興味深いテーマだと感じました。詳しくは最新刊をお読みください。

▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[オススメの本] , -