<< 電通・亀井孝明さん、TBS・丹羽多聞さん、寺田倉庫・寺田保信会長と夕食会 | main | 元厚生労働大臣の塩崎恭久先生が主催する勉強会に出席 >>

【おすすめの1冊】今そこにあるバブル(滝田洋一)

2017.10.16 Monday 13:34
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今そこにあるバブル (日経プレミアシリーズ) [ 滝田 洋一 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)


 



『今そこにあるバブル』

滝田洋一
日本経済新聞出版社

私は2016年11月のトランプ政権誕生以来、「2020年までにバブル景気がやって来る」という大局観を持っています。このことは私の近著『トランプバブルの大波に乗れ!』(実務教育出版)の中でも明言しています。

この書籍はバブルに関するデータや社会現象などを紹介しており、私の大局観を裏付ける内容になっています。

バブルというと悪いイメージをお持ちの方もいるでしょう。しかし本当に悪いのはデフレです。経済が膨張していくこと自体は悪いことではなく、ただ1点、膨張はどこかで終わるという1点においてのみ要注意です。

そして、現在「日本は不景気だ」と感じる人も多いかもしれませんが、バブルの足音は近づきつつあります。

過去のバブル期にはどんなことがあったのか、どんな指標・統計が出ていたかなどのデータなどを照らし合わせて、今の日本経済が置かれている状況についてわかりやすく書かれています。

金融に詳しくない方でも読める内容になっていますので、ぜひこの機会にご一読ください。


▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp







JUGEMテーマ:株・投資



posted by: sugashita , category[オススメの本] , -