<< 年初来高値は上昇のサイン | main | アルゴリズムのCFO・金田さんとミーティング >>

【おすすめの1冊】昭和史 1926-1945(半藤一利)

2018.10.09 Tuesday 13:24

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4582766714/sugashitanome-22/


『昭和史 1926-1945』

半藤一利
平凡社

未来予測をする上で「歴史を学ぶ」ことは重要です。歴史は形を変えて循環するからです。

つまり過去に起こったことは、また未来に起こりうるのです。ですから、投資で成功したいと思うなら、ただ経済関係の書籍を読むだけでなく、歴史関連の書籍を読むことをおすすめします。

その中でも今回紹介したいのは半藤一利さんが書かれた『昭和史』です。昭和元年から終戦までの19年間がわかりやすく解説されています。

この時代の日本は国際情勢の激流に巻き込まれ、戦争へと進んでいきます。近年は大きな戦争は起こっていないものの、国際情勢は不安定になっており、油断はできません。

昭和の時代の「世間の風潮」「権力がどのように形を変えていったか」を知ることで、あなたの未来予測のインスピレーションが磨かれます。未来予測の技術を磨きたいという方におすすめの1冊です。


▼最新情報はこちら
http://sugashita.jp




posted by: sugashita , category[オススメの本] , -