<< Plan・Do・Seeの野田豊加社長たちと夕食会 | main | ピーター・ティール氏が支援する投資会社Octave Venturesの代表と情報交換 >>

2019年消費増税前 ラストチャンス!?

2018.10.24 Wednesday 12:00
こんにちは。
菅下清廣です。

11/3(土)に都内で
イェスパー・コールさんをゲストに迎え
講演会を開催いたします。

▼確認する
http://sugashita.jp/seminar/20181103/

※残席が少なくなっております

--------------------------------
■すでに勝負は始まっている!!
--------------------------------


以前もお伝えしましたが、
10月上旬に日経平均株価は
年初来高値を更新しました。

高値の更新は
株の先高(さきだか)の予兆です。

また実態経済も好調です。

旧知の仲である
“ゴールデン・サイクル”の
嶋中雄二さんも直近のレポートで
日本の株価が強い裏付けを
データを用いて解説しています。

こうした状況の中で
私は2019年以降の株価について、
2つのポイントに注視しています。

■ポイント1
安倍&トランプ、日米の政治リスク

■ポイント2
2019年の消費増税による
落ち込みがいつ頃から始まるか?


まず日本については、
安倍首相が再選を果たして
政治的なリスクは後退しました。

ただ、この先、支持率が下がれば
株価に悪影響が出る可能性があります。

そして、注目はアメリカです。

まさに今回の講演会が行われる
11月には中間選挙が行われます。

この結果がトランプ政権、
共和党にとって思わしくないものと
なれば、トランプ氏の政策が停滞し
アメリカの株価に影を落とします。

そうしたアメリカの最新情勢も
イェスパー・コールさんから
解説があるかもしれません。


次に、気になるのは
来年に控えている消費税増税です。


 【 増税は株安要因 】


これは株価の大原則です。

ですので、今は株価が
上昇していきそうな局面ですが、
どこかで調整局面がやってきます。

そこで正しく利益を確定したり
キャッシュポジションを高められるか?


この点も今後の株式投資で
非常に重要なポイントになってきます。


そういう意味で、11/3(土)の講演会は
最新予測や今後の投資戦略をお伝えするのに
非常に良いタイミングとなりそうです。

今回の講演会では、
こうした大局観に加えて
波動理論とチャートを駆使して

●日経平均・円ドル・NYダウ

●WTI・NY金など商品市場

●米国長期金利・上海総合指数

●菅下清廣 厳選の個別銘柄チャート

●絶対に知っておくべき
 投資に役立つ注目情報

などをたっぷり80分間お話しします。

さらに、ゲストとして
著名エコノミストの
イェスパー・コールさんにも
ご登壇頂き、合計140分にわたって
実践的な投資情報をお伝えします。


 いま目の前にやって来ている

 波乱相場を乗り越えて

 チャンスをつかむか?

 それとも、

 何も行動を起こさず、

 見守るだけでいいのか?


ぜひ考えてもらえればと思います。

今後の投資テーマを知り、
有望企業・個別銘柄を選択して
「成果」をあげて頂きたいと存じます。

どうしても来場できない場合は
ぜひ音声配信コースだけでも
受講するようにしてください。

当日、皆さんと会場で
お会いするのを楽しみにしています。

▼お申込はこちら
http://sugashita.jp/seminar/20181103/

※お申込は11/1(木)昼12時に締め切らせて頂きます



JUGEMテーマ:株・投資



posted by: sugashita , category[マーケット展望] , -